連敗街道まっしぐら

今日もすでに最下位決定のヤクルトの試合を見ていました。
もうベンチも選手も無気力野球全開ですね。
勝っていても負けていても、最終的には負けるんだろうと思うようになりました。(笑)

プロ野球ニュースではヤクルトの話題になるとケガ人が多いからと言われていますし、他のニュース番組でもヤクルト=ケガ人が多いとなっていますが、正直ケガ人とか関係なく最近は弱いと思います。このケガ人が多い理論から真中監督を擁護する声も多いですが、いくらなんでもここまで負けたらケガ人とは無関係だと思うんですよね。

試合見てても采配は酷いです。というか采配してるの?と思うほどベンチで置物のようになってますからね。選手交代の時にベンチから出てくる動きも見てるだけで重いです。監督がきっと一番やる気ないんでしょうね。選手時代は好きだっただけに残念です。おそらく敗戦の球団記録更新は間違いないでしょう。優勝した年にマネジメントの本を出したことがもはや高度なフリに思えます。

そして何よりも言いたいのはコーチ陣。「甘い球をセンター方向に・・・」と定番になっていますが、どんな指導すれば守備も打撃も走塁もここまでひどくなるのでしょうか?何も言わなくてもここまで酷くならないと思うんですけどね。もはや自主性どころか戦力を低下させているようにすら思えてきます。来シーズンは小川監督に宮本ヘッドコーチみたいですが、打撃コーチ、守備走塁コーチ、投手コーチも総入れ替えしないと来年も厳しいんだろうなと思っています。